スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

髪の毛や頭皮が出す危険信号 

髪の毛や頭皮が出す危険信号を見逃していませんか?


髪の毛や頭皮が弱ってくると、薄毛になる前に危険信号を出します。その危険信号に気づいてますか?危険な信号が出ていたら早急に対策しましょう。


髪の毛が出す危険信号


1.髪がバサつき、コシがなくなった。


2.髪が細くなり、ツヤがなくなった。

3.髪が以前より赤っぽくなってきた。

4.過度のパーマ、染毛で頭皮や髪が痛んで
  抜け毛・薄毛を早めたりその原因を自ら創っていると思われる                                          (過度でなければ、髪の毛は痛みますが、頭皮はほとんど痛むことはありませ)


頭皮が出す危険信号


1.頭皮がほてり、ニキビや湿疹ができやすい。


2.髪を洗っても、すぐにベタつく。

3.洗ってもすぐにフケがでて、かゆい。


このような段階であれば、毛根はまだ休んでいるだけです。つまり、生長期よりも休止期に入った毛根が多くなっていて、髪の毛を造る働きが完全に途絶えて死んでしまったわけではありません。頭皮に至っても、頭皮はいつも過剰に分泌されたな皮脂で充たされています。その皮脂が毛穴を塞いでしまうのです。そのためにも、しっかりしたシャンプリングが必要です。抜け毛や薄毛の進行をくい止め少しでも早く髪を豊かに生えさせるためにも、ご自身の脱毛原因や体質・症状に合った適切な手当てを早目に行うことが必要です。

スポンサーサイト

[2006/03/23 13:21] 髪の毛チェック | TB(0) | CM(1)

ミニ観葉植物

ミニ観葉植物を探すなら http://www.mnpainctr.com/100005/215181/
[2008/09/26 00:45] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/78-9169fdde


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。