スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

髪の毛の癖、硬さ、太さ、色について 

髪の毛の癖、硬さ、太さ、色について


髪の毛にも人によってそれぞれ個性があります。では、どのようにして髪の毛に個性を与えているのでしょうか?


髪の癖
髪の形状は、まっすぐな直毛(ストレートヘア)、波打っているような波状毛(ウェーブーヘア)、一番癖毛な縮毛(カーリーヘア)の3種類に分類されます。日本人の多くは直毛です。頭皮の中で毛根が曲がっていたり、髪そのものが円形ではなく楕円形になっていたりすると発生します。


髪の硬さ
髪の硬さを決めるのは、コルテックスの太さです。コルテックスは、タンパク質の一種であるケラチンタンパク質の集合体で、太いほどケラチンタンパク質が多く、細いほど少ないと考えられています。一般的に太い髪は硬く、細い髪は軟らかいです。


髪の太さ
日本人の髪の太さの平均値は、0.07~0.1mmといわれています。一般的に男性よりも女性、子供よりも大人の方が髪は太目です。太さは年齢により変化します。                   個人差や生活習慣により異なりますが女性では30歳前後、男性では20歳前後に太さがピークになります。それ以降は年齢とともに細くなります高齢になるほど髪にボリュームやハリがなくなっていく原因の一つはこの太さの変化によるものです。 髪の毛が細くなると頭皮が見えやすい状態となるため、たまに薄毛になったと勘違いされる方がいます。

髪の色
黒髪・金髪・銀髪・栗色・赤毛など髪の色は様々です。
私たちの髪の色を決めるのは、毛皮質に多く含まれているメラニン色素です。そして、そのメラニン色素には「ユーメラニン」と「フェオメラニン」の2種類があります。             ユーメラニンは濃い褐色、フェオメラニンは黄色から赤に近い色をしていて、この2つのメラニン色素の量の違いが、黒髪から赤毛、銀髪・金髪など様々な髪の色を造っています。例えば、日本人の黒髪には大量のユーメラニンと少量のフェオメラニンが含まれていますが金髪には、ほとんどフェオメラニンしか含まれていません。メラニン色素を作る時に欠かせないのが、チロシナーゼという酵素です。しかし、この酵素は40才代を過ぎると自然に減少してしまいます。
従って、メラニン色素を含まない髪、つまり白髪が生えて来ると言うことになります。



関連情報


髪の毛の知識・・・・ 少しでも髪の毛に興味を持ってもらえれば嬉しいです   


抜け毛、薄毛の原因・・・・まずは原因を知ることから始めましょう    


手軽に予防出来る育毛方法・・・・ 日頃でもいくらか育毛できる方法はあります。   


育毛で抜け毛、薄毛対策・・・・即効性のある育毛方法を紹介いたします。


 女性専用の育毛方法・・・・女性と男性とでは原因や対処法が違います


Q&Aやチェック方法


育毛Q&Aその1    育毛Q&Aその2


髪の毛が出す危険信号     薄毛度チェック    簡単髪の毛チェック




関連商品


しっかり育毛できる育毛剤   安全で頭皮をすっきりさせるシャンプー   飲む育毛剤




 




スポンサーサイト

[2006/03/18 19:10] 髪の毛の基本知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/67-7ca7212d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。