スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

誰でも簡単髪の毛チェック 


簡単に出来るので髪の毛の健康状態をチェックしてみましょう。


 


チェックその1


まずは髪の毛の自体の丈夫さをチェックしてみましょう。


まずは抜け落ちた自分の髪の毛を一本用意します。髪の毛はある程度引っ張っても、ちぎれませんし伸びません。髪の毛が弱ってくると小さな力で伸びてしまいさらに力をかけると切れてしまいます。さらに弱ってくると伸びる前にちぎれてしまいます。簡単な確認方法としては自分の一本毛に携帯電話をつなぎます。そこで切れてしまうようでは弱ってきています。髪の毛をきつく縛ったり同じ髪型を続ける等を続けると同じ方向に圧力がかかるので抜けやすくなります。


 


チェックその2


抜け毛で毛根チェック。


抜け毛で毛根がどれだけ痛んでいるか解ります。自分の髪の毛を一本用意して髪の毛の毛根側を見ます。健康な毛根であれば「めんぼう」のような感じになってます。栄養不足の毛根だと健康な状態と比べると細くなっており先っぽがよじれたような状態になってます。皮脂の多い毛根だとまわりに羽毛のようなもわもわが付着しています。


 


チェックその3


 水浮きチェック。


まず自分の髪の毛を一本用意して水に浮かべてみましょう。髪の毛の中には小さな隙間がいくつか存在します。その隙間に空気が入り込み浮くわけですが、当然隙間から空気が追い出されれば沈んでしまいます。健康な髪の毛であれば水が入りにくいので、なかなか沈みません。しかしダメージのある髪の毛は毛の表面が水となじみやすいことと、内部がスカスカになっているので水が入りやすく、空気が抜けやすくなるため早く沈んでしまいます。


 


チェックその4


抜け毛チェック。


自分の手で髪の毛を数回かき上げてみましょう。3~4本抜ける程度なら大丈夫です。10本以上抜けるようなら危険です。抜けた髪の毛がチェックその2で紹介したように縮れてたり、もわもわがついてたりしても危険です。


スポンサーサイト

[2006/03/07 10:44] 髪の毛チェック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/35-a3b62c09


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。