スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドイツの薄毛事情 

ドイツの薄毛事情

ドイツは、チェコ、スペインに次いで薄毛の人が多いようです。
日本人の薄毛が約27%でドイツはなんと41%の人が薄毛なのです。では皆さんどのように薄毛と向き合っているのでしょうか?

若い頃はやはり髪の毛に気を使いますが、ある程度年齢(35歳くらい)を重ねると、開き直ります。
一つの髪型として扱うようになるのです。それがスキンヘッドだったり、坊主頭だったりするのです。イメチェンしたぜ。くらいの間隔です。
女性も薄毛だからといってマイナス評価にもなりません。むしろ知的だったりセクシーだったりするのです。

ここで学べる事は、やはり堂々としている事ですね。確かに、欧米の人は骨格が良いので、スキンヘッドや短髪が似合います。しかし、薄毛を引け目と感じず、ポジティブに行動する。これが重要な気がします。
自らの自信を内に秘める。これだけでも違うと思います。
スポンサーサイト

[2013/09/24 22:07] 海外の髪の毛事情 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/249-8fef32d1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。