スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国式!薄毛にならない9ヶ条とは? 

中国流の薄気対策9ヶ条!

中国4千年?いやいや5千年!その方法はこれ!果たしてその効果は?

其の①、毎日髪の毛をとかすべし
毎日、朝、昼、晩に10回ずつ。合計30回。毛根部の血流が良くなり、栄養が髪の毛まで行き渡る。さらにマッサージも追加すれば尚良し。クシは木製か水牛の角で作られた物を使うべし。ただし、髪の毛が濡れている時はクシを通しては行けない。髪の毛に傷がつく。

其の②、髪の毛には最新の注意を払うべし
洗髪はフケや痒みを抑える。また頭皮の呼吸をも助ける。回数は週に4~7回。洗いすぎもいけない。洗わなさすぎもいけない。髪の健康のため、適度に油分は残す必要がある。シャンプーはもちろん質のいいものを、すすぎにはぬるま湯を使うべし。熱すぎる湯では必要以上に油分を失う。加えてマッサージをすると尚のこと良し。洗髪後は厚手のタオルで軽く拭き、自然乾燥。

其の③、食事には毛根の喜ぶ栄養素を取り入れるべし
抜け毛や白髪の原因は精血(せいけつ)不足である。これは鉄分、カルシウム、ビタミンAを多く含む食べ物を摂取すべし。牛乳、鶏肉、魚類、赤身の肉、野菜と果物などがそれに該当する。偏った食生活ではなくバランスが取れた食事をするべし。

其の④、ストレスを軽減するべし
ストレスが溜まれば、抜け毛や白髪は進行する。規則正しい生活と十分な休養、そして高揚した気分は精神の緊張を解き、抜け毛・白髪の予防になる。リラックス出来る時間を作るべし。

其の⑤、油分を落としすぎる、もしくはアルカリ性のシャンプーは使うべからず
油分を落としすぎると、髪は乾燥し、頭皮は死んでしまう。低刺激の天然成分のものか、髪質に合ったものを使うべし。

其の⑥、通気性を確保べし
髪は蒸し暑さが苦手。長時間、帽子やヘルメットをかぶるのは危険だ。特に生え際は、湿気に加え、帽子等の圧迫、摩擦により毛穴・筋肉が緩んで、抜け毛、薄毛を誘発する可能性が高い。帽子やヘルメットをかぶる場合は、インナーキャップをつけたりメッシュ素材のものを選ぶなど、通気性を確保るべし。

其の⑦、喫煙は止めるべし
喫煙は頭皮の毛細血管を収縮させ、栄養が届かなくなる。それは頭髪の発育に悪影響を及ぼし、薄毛を進行させる。

其の⑧、酒は適度に飲むべし
中国の高度数のパイチュウ(白酒)などのアルコール度数の高い酒は、頭皮に汗と湿気をもたらし、抜け毛の原因となる。特に熱燗の影響力は大きい。ビールのようなアルコール度数の低いものであっても油断するべからず。

其の⑨、エアコン設定温度は適切にすべし
暖かすぎてもだめ、涼しすぎてもだめ。過度の乾燥と高すぎる湿度は頭皮の敵だ。頭皮は我々が考えるよりデリケートと考えるべし。

以上が中国式9ヶ条の育毛方法です。健康術の延長線のように思えるが、育毛の基本は健康なので、一度試してみてはどうでしょう。お金もかかりませんし。
スポンサーサイト

[2013/07/06 10:34] 海外の髪の毛事情 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/230-b9d52956


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。