スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

辛い食べ物(刺激物)は抜け毛、薄毛になる?育毛の敵なのか? 

辛い食べ物(刺激物)は抜け毛、薄毛になる?育毛の敵なのか?

よく聞く話ですね。キムチや辛いカレー、中国の火鍋から韓国料理まで幅広くありますが、実際は抜け毛、薄毛につながるのでしょうか?育毛の邪魔をするのでしょうか?_

結論は育毛の手助けにもなり、邪魔にもなります。
まず、よく辛いものは頭皮の敵だと言われる方がいますがそうではありません。辛いものは新陳代謝を高めて血流の流れを良くします。その効果で、頭皮にまで栄養が届く格好となり、育毛に役立つのです。また汗が多く出ますが、悪いものではありません。汗は頭皮の乾燥を防いでくれます。

辛いものや汗が悪だと言われるのは、汗や油が頭皮に詰まる事です。これはお風呂でしっかりと洗い流せば問題ありません。
他に悪だと言われるのは、過剰摂取です。韓国料理やカレーなど普通に食べていれば影響ありません。しかし、唐辛子を山のように使ったり、カレー専門店で超激辛を注文する行為は行なってはなりません。辛さを楽しむつもりが体が悲鳴を上げます。味覚が慣れても、体は慣れないのです。過剰摂取は逆効果です。
また唐辛子などに入っている辛味成分のカプサイシンは多量摂取すると脳にストレスを与えます。
スポンサーサイト

[2013/05/29 11:24] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/204-31e6d9d2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。