スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遺伝での薄毛や抜け毛の育毛方法 

遺伝で薄毛や抜け毛になる可能性があります


まず毛母細胞中の「リダクターゼ」という酵素と、「テストステロン」という男性ホルモンが結合してできる強力な脱毛ホルモン、「デヒドロテストステロン」になります。このデヒドロテストステロンが毛母細胞での髪の生成を妨げてしまうのです。元となるリダクターゼの量が生まれつき多いか、活発に活動する体質を遺伝的に受け継いでしまった方が若年性脱毛になりやすいといえます。抜け毛、薄毛の遺伝は必ず遺伝するものではありません。




 脱毛ホルモン「デヒドロテストステロン」には皮脂腺を刺激する働きもあります。そのため大量に分泌された皮脂が毛穴の中の古い角質と混ざり合い、「角栓様物質」という塊になり毛穴を塞ぎ、育毛を阻害してしまうのです。毛穴に栓をされては、毛母細胞が窒息するばかりでなくせっかくの新毛も出てくることは出来ません。結果、ヘアサイクルが乱されてしまい、脱毛は慢性化してしまいます。そしてこの「角栓様物質」は通常のシャンプーだけでは完全に取り除くことはできません。育毛シャンプー等を使うとより取り除くことができます。




遺伝により薄毛や抜け毛が進行することはたしかにあります。しかし、しっかりした育毛方法を行えば薄毛の進行をかなり押さえ込むことが可能です。諦めずにじっくり続けていくことが大切です。


:遺伝は薄毛、抜け毛の進行が早いです。育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント等ありますがそれだけでは完全に薄毛、抜け毛を押さえ込むことができません。生活習慣も同時に改善する必要があります。


関連商品


オススメ育毛剤   安全なシャンプー   飲む育毛剤 

スポンサーサイト

[2007/08/25 15:56] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/194-1f7bddd8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。