スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

髪の毛の成長期、退行期、休止期 

毛髪の周期は4~7年です




髪の毛は、一本、一本ヘアサイクル違うため脱毛時期もバラバラです。ですので一度に大量に抜けることはありません。とはいえ、一日に50~80本、多い方で100本近くは抜けますので、この程度なら自然現象といえるでしょう。男性のほうが1~2年ヘアサイクルは早いです。




成長期                                                    まず毛母細胞が分裂を開始し、新しい髪をつくり始めます。新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとします。すると、古い髪は簡単に抜け出るように。シャンプーやブラッシングで抜けるようになります。そして古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く、太く成長します。髪は、成長期で、毛母細胞が活発に働き、4~7年にわたって育ちつづけます。成長期が髪の毛が抜け落ちるまでの85~90%を占めます。




退行期                                                 数週間。毛球が縮小して成長が止まり、毛乳頭と毛母細胞が離れ、毛根は頭皮の浅いところに移動します。この間、約2~3週間になります。




休止期
成長が止まった髪は、だんだん上のほうに上がっていき、抜け落ちる準備をします。数カ月間、この状態が続き、毛根の奥では、新しい髪をつくる準備が始まります。その後また成長期になります。



 健康な髪は、毛母細胞が活発に働いて、発毛から4~7年の間、成長を続け、太く長く育ちますが、薄毛が進んでいるとき、成長期は数カ月~1年と短くなり、髪は細いまま抜け落ちていきます。なので、髪の毛が太く長くならないので薄毛と見られる訳です。ですから、髪を太く長く育てるには、毛母細胞の増殖を促進して、成長期を長く持続させることが必要なのです。ストレスや小区生活等の生活習慣でも成長期は変化します。
スポンサーサイト

[2007/02/05 12:35] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/179-0d092df9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。