スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

目と髪の毛の関係 

目を使いすぎると薄毛になる恐れがあります


目の使い過ぎと薄毛は無関係のように思えますが、実は目と髪の毛とは関係があるのです。

では、なぜ目の使い過ぎが薄毛に結びつくのかというと、目の使い過ぎによって網膜に傷がつくとそれを修復する為にアミノ酸の一種であるシステインが消費されます。このシステインが重要なのです。

このシステインは毛髪を作る材料になります。システインは目が疲れると網膜が傷つき修復する為に使われるので目が疲れると大量のシステインが必要となります。なので毛髪を作る分の十分な量が補えなくなり薄毛の原因になると言われています。

もう一つのシステインの働きに、髪を太くするコラーゲンの生成を促すという作用もあるので二重の意味で目の使い過ぎは髪の成長に好ましくないと言えそうです。


更に目を使いすぎると言う事は長時間同じ姿勢をとっている為血行が悪くなり、運動不足により筋肉も衰えるので、血流を促す筋肉のポンプ機能も衰えます。この血行が悪くなるのも薄毛の原因の一つになります。


他にもシステインはお肌や髪の毛の構成要素であるだけでなく 肝臓に働きかけて体の中から美白効果を発揮してくれます 20歳を過ぎる頃から体内で十分な量のシステインを作ることができなくなってくることが判ってます。

 システインを多く含む食材

鶏肉   マグロの赤身   サンマ   大豆   卵   牛肉   牛乳など


もしも趣味や仕事で目を使う機会が多い方は、日頃から意識的にサプリメントや食事でシステインを摂取した方が良いかもしれません。




スポンサーサイト

[2006/04/10 20:11] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/119-d20283c2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。