スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フケが多いことで薄毛、抜け毛になります 

フケが増加するとと薄毛、抜け毛も多くなります


フケは誰にでも生理的に発生するものです。
そしてフケ症とはフケの量が増えて目立つようになったものをいい、多くはかゆみを伴います。「なんだか最近フケが多い」「頭がかゆい」と感じたら決して放っておかず、頭皮ケアを始めましょう。


どんなにシャンプーしても肩の上にパラパラと落ちる、その強いフケの正体は頭皮の角質細胞。体のアカと同じように、新陳代謝によって古くなった角質細胞がはがれ落ちたものです。 細胞が生まれてからはがれ落ちる、その繰り返しをターンオーバーといいますが、このサイクルは通常約1ヶ月~1ヶ月半。それが早くなるということは、つまりフケの発生する量が総じて多くなるためフケが目立つのです。フケに悩む人の中には、ターンオーバーのサイクルが2週間という人もいます。


 では、なぜ早くなるのでしょうか?


 ホルモンの分泌や栄養バランスの異常、睡眠不足、マラセチアの繁殖等によってこの期間が短くなることでフケの量が増大します。フケが急に増え始めるのは、薄毛の前兆とも言われているので注意が必要です。


フケの種類


● 脂っぽい湿ったフケ                                                           脂性の場合はフケが毛穴に残ることで発毛を阻害することになるので要注意です。フケが微生物のえさになり炎症を起こし、脂漏性脱毛症になる危険性もあります。
このタイプはとにかく毎日のシャンプーが大切です。このフケは指について尚、簡単に落ちないフケです。自分で試してみてください。



●乾燥した、パサパサしたフケ(髪の毛からさらさら落ちてくるようなフケ)
フケに対して神経質になりすぎシャンプーの回数が多すぎたり、洗浄力の強すぎるシャンプーを使い続け、本来剥がれる前の頭皮まで落としてしまうことで、結果として頭皮が厚くなったり角化異常を起こし脱毛を促進させてしまうケースも多いです(若い人に多いケース)。乾燥したフケが多くなると毛穴が炎症を起こしてしまい、粃糠(ひこう)性脱毛症になる危険性があり。
このタイプの場合、シャンプーを変えるだけで改善することも多いようです。まず洗浄力の強いシャンプーは使わない事です。皮脂を取りすぎないよう刺激の少ないシャンプーを使う。シャンプーの回数を減らす。すすぎはぬる目のお湯で時間をかけてする。その日の角質を適度のシャンプーできっちり落とすことが大切です。。




洗髪の回数は、皮脂の分泌量や季節などによって違ってきます。
フケ症の場合は、2日間洗髪しないとかゆみが出てくることが多いようですから、少なくとも1日おきの洗髪が適当でしょう。洗髪したあと6~24時間で、頭皮の皮脂は洗髪前の量に戻るといわれています。低刺激性でマイルドなシャンプーを使用すれば、毎日洗髪しても差し支えありません。


 フケを抑えるためにはまずシャンプーをしっかりした物に変える必要があります。フケ対策としてこんなシャンプーもあります。


 

スポンサーサイト

[2006/04/08 11:41] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(4)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2011/10/09 07:25] [ 編集 ]

海技従事者

海技従事者とは、船舶職員(船長、機関長、航海士、機関士、通信長、通信士、運航士)になるための免許のこと http://data.stepuptechnologies.com/
[2008/11/05 09:11] [ 編集 ]

はじめるPRIDEガイド

PRIDEの検索サイト。歌詞、TAKE、渋谷、MAX、GOLFなどPRIDEに関する各種情報をお届けしています。 http://timbal.stuartmembery.com/
[2008/08/25 13:54] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/08/25 02:05] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/113-f0e7c183


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。