スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

光療法で不眠解消 抜け毛、薄毛対策 

光療法で睡眠不足解消


光療法なんて言うと、なにか科学的な治療法のような感じがしてしまいますが、誰でも簡単に出来ますのでご安心を。


なぜなら、昼間外に出て太陽の光をたくさん浴びるだけでOKだからです。


なんだそんなこと、ふつうにやっているよ。という方もいらっしゃるでしょうが、現代社会には、仕事の関係などで、太陽の光を満足に浴びることができない方も多くいらっしゃいます。
 例えば夜勤で、昼間に睡眠を取っておられる方。
 室内での事務仕事やパソコンワーク、倉庫や地下で労働されている方などです。

もし、太陽の光を浴びることができないとどうなってしまうのでしょうか?
実は、とてもおそろしいコトが起きるのです!

 地球の1日が24時間なのに対し、人間の持っている体内時計の1日の単位は25時間にセットされています。体内時計は、生きていくための時間割のようなもので、睡眠・食事・運動などの生活リズムをコントロールしています。
 もし光の届かない場所で生活すると、人は25時間ごとに寝たり・起きたりしてしまうのです。当然髪の毛にも影響を及ぼしてしまいます。

この25時間1周期を1時間早めて、24時間で1日の周期に合わせるためには日の光を浴びなくてはいけません。

日の光を浴びると、「お、今は、昼間だ」と身体が認識し、体内時計のリズムが24時間にリセットされるのです。

だから、もし日の光を浴びることをしないと、 少しずつ体内時計が狂っていき夜眠れなくなってしまいます。

もう1つ、日の光が不眠防止に重要な理由があります。
人を眠りへと誘うホルモン「メラトニン」の分泌に関わってくるからです。
メラトニンがもし夜に分泌されないと、眠れない不眠地獄まっしぐらなのです!眠れなくなれば                                髪の毛も育たなくなってしまします。


昼間に光を浴びれば、メラトニンの放出が抑えられて、
夜にメラトニンの放出を促進させることができるのです。

だから、いっぱい日の光を浴びて、メラトニンの放出を昼間抑えるようにしておくと、
夜は自然に眠くなって、幸せな夢の世界に直行できるのですね。

だたメラトニンの分泌量は、大人より子供の方が多く、10代の半ばあたりから徐々に減り始めます。そのため高齢者の方は、眠れない体質になってしまうのです。

年を取るほど、日の光を意識的に浴びるようにしましょう。

もし、仕事などで、昼間に日の光を浴びることができないとおっしゃる方は、
朝、早起きして散歩をしてみるとイイですよ。
良く眠るためには、時間の許す限り太陽の光を浴びるようにしましょう。                            しかし夏に長時間、頭皮に強い日差しをあてるのはよくありません。なので帽子を被ったりして頭皮は保護してあげましょう。


寝ることは髪の毛にもすごく良いことなのでこの方法で少しでも眠れる手助けを出来ればよいですね。


関連情報


良い睡眠で抜け毛予防 

スポンサーサイト

[2006/04/02 12:12] 薄毛の予防法 | TB(0) | CM(2)

メディア総合案内所

メディアの検索サイト。メディアプレーヤー、メディアフリークシティ、メディアファクトリー、マルチメディア、メディアカフェなどメディアに関する各種情報をお届けしています。 http://quart.santamonicatravelodge.com/
[2008/11/15 21:32] [ 編集 ]

未経験でも環境監査で30代,40代の転職

環境監査とは、「企業の環境に影響のある活動にかかる経営管理を促進する」「企業の環境方針の遵守状況を評価する」ことを目的に、環境保全に係る組織、管理システム及び手続きの状況を、系統的に文書化し、定期的にまた客観的に評価すること http://digest.catvtestchips.com/
[2008/09/01 03:46] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanazou.blog53.fc2.com/tb.php/105-83162fab


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。