スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食生活の乱れは薄毛、抜け毛の原因 

食生活の乱れは薄毛、抜け毛の原因になります


最近の食生活は米、魚、野菜中心の食事から現在の欧米化した食事に変化しています。しかし、昔と現在の薄毛、抜け毛の割合は圧倒的に現在の方が薄毛、抜け毛の割合が多くなっています。当然、食生活だけが原因ではないです。ストレス等もあると思います。でも、食生活の悪化もかなりのウエイトを占めていると思います。欧米化した食事には髪の毛に良い成分が少ないのです。


逆に欧米食がダメと言って肉をまったく食べないのも良くないです。とにかく何でもバランス良く食べる事が大切です。まずは野菜や魚を少しでも取り入れる等してみてはどうでしょうか?


育毛はまず栄養が一番だと考えます。なぜならいくらマッサージをしたり育毛剤を使っても元の栄養がなければ毛根が元気にならにからです。なので育毛の基本は栄養摂取となります。


忙しい人やバランス良く摂取できない人はサプリメントを利用するのも良いと思います



関連商品


オススメプリメント

スポンサーサイト

[2007/08/25 16:52] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)

亜鉛で抜け毛、薄毛を予防する育毛方法 

亜鉛が不足すると薄毛、抜け毛につながります




亜鉛は栄養の一部です。まず栄養が一番だと考えます。なぜならいくらマッサージをしたり育毛剤を使っても元の栄養がなければ意味がないからです。現代人は食生活の偏りで亜鉛不足になっている人が多いようです。


健康な髪には不可欠な栄養素・・・それは「亜鉛」です


亜鉛は抜け毛の最大の原因である活性型男性ホルモン(デヒドロテストステロン)を作り出す、5-αリダクターゼを阻害する働きがあると言われているので、育毛に効果的なミネラルとされています。他にも細胞の再生を促す作用もあるので、毛母細胞の増殖を促す効果もあると言われています。亜鉛は男性に特に必要かつ、不足しがちな成分です。




亜鉛を詳しく




亜鉛は髪の毛に絶対不可欠なミネラルなので詳しく説明します。




全体重に亜鉛の占める割合は、体重60kgの人で2g程度とごくわずか。厚生省による第6次改定栄養所要量で、成人男性の1日の亜鉛の上限所要量は30mgとされています。しかし亜鉛は、その名前から受ける印象に反しミネラルの中で最も毒性が低く、1日に50~100mgを摂取し続けても問題ないと言われています。
亜鉛の1日当たりの推奨摂取量は15mgとされていますが、加工食品やパン類を中心にした食生活を送っている人ほど亜鉛不足に陥りやすく、成人男性の平均的な1日摂取量は10mgにも届かないのが現実のようです。そのうえ亜鉛は発汗によっても失われやすく、多量で4mg以上が失われるとのこと。また、男性の場合は1回の射精で1mgの亜鉛を失います。
                                                                      亜鉛の取れる食べ物


以下の物を食べても加工食品の場合、加工過程でほとんど失われるので摂取しにくいです。また、穀物中の亜鉛は吸収されにくいので、穀物中心の食生活では欠乏症になる恐れがある。


以下のものに亜鉛が含まれています                                                                   スイカ・かぼちゃの種子、玄米、ぬか、ネギ、小麦、ゴマ牡蠣、牛もも肉、豚レバー、うなぎ、納豆、アーモンド、高野豆腐、いわし、海草類、等です


髪の毛は亜鉛だけで出来ているわけではないので、この亜鉛の入った物だけを食べれば良いという訳ではありません。バランスよく色々な物を食べることが大切です。亜鉛の入ったものを含め1日30品目を目標に食事を取ると良いです。


亜鉛による欠乏症の種類


前立腺肥大、動脈硬化、性機能不全、成長不全、皮膚障害、脱毛、味覚障害、消化器障害傷の回復の遅れ等があります。脱毛以外にもたくさんの障害がありますので積極的に亜鉛は取るようにしましょう。



髪の毛には亜鉛の他にもミネラルやビタミンも均等に取る必要があります。日常ではなかなか取りにくいのでサプリメントを使用するといった方法もあります。


注:亜鉛は大切ですが亜鉛入りのサプリメントはそれほど多くありませんし、サプリメントで取るより新鮮な物を食べたほうが亜鉛に関しては効果的です。なので亜鉛に関してはなるべくサプリメントに頼るのはやめましょう。亜鉛以外の栄養はサプリンメントは効果的なので忙しい人は利用したほうがいいかもしれんません。


関連商品


オススメサプリメント




[2007/08/25 16:29] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)

遺伝での薄毛や抜け毛の育毛方法 

遺伝で薄毛や抜け毛になる可能性があります


まず毛母細胞中の「リダクターゼ」という酵素と、「テストステロン」という男性ホルモンが結合してできる強力な脱毛ホルモン、「デヒドロテストステロン」になります。このデヒドロテストステロンが毛母細胞での髪の生成を妨げてしまうのです。元となるリダクターゼの量が生まれつき多いか、活発に活動する体質を遺伝的に受け継いでしまった方が若年性脱毛になりやすいといえます。抜け毛、薄毛の遺伝は必ず遺伝するものではありません。




 脱毛ホルモン「デヒドロテストステロン」には皮脂腺を刺激する働きもあります。そのため大量に分泌された皮脂が毛穴の中の古い角質と混ざり合い、「角栓様物質」という塊になり毛穴を塞ぎ、育毛を阻害してしまうのです。毛穴に栓をされては、毛母細胞が窒息するばかりでなくせっかくの新毛も出てくることは出来ません。結果、ヘアサイクルが乱されてしまい、脱毛は慢性化してしまいます。そしてこの「角栓様物質」は通常のシャンプーだけでは完全に取り除くことはできません。育毛シャンプー等を使うとより取り除くことができます。




遺伝により薄毛や抜け毛が進行することはたしかにあります。しかし、しっかりした育毛方法を行えば薄毛の進行をかなり押さえ込むことが可能です。諦めずにじっくり続けていくことが大切です。


:遺伝は薄毛、抜け毛の進行が早いです。育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント等ありますがそれだけでは完全に薄毛、抜け毛を押さえ込むことができません。生活習慣も同時に改善する必要があります。


関連商品


オススメ育毛剤   安全なシャンプー   飲む育毛剤 


[2007/08/25 15:56] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。