スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

円形脱毛症 

円形脱毛症の原因とは?


円形脱毛症とは何の前ぶれもなく突然、髪が円形(500円玉程度)や不整形に抜けてしまう症状のことで男性、女性、赤ちゃんからお年寄りまで年齢性別関係なく起こります。しかも色々なことが引き金になって起こる症状ですので大変厄介です。




脱毛症状の種類




単発型・・・頭髪が円形に1~3箇所単発的に抜け落ちます。一番多いケースです。円形脱毛症と言われるのがこの単発型と言われています。




多発型・・・頭髪が多発的(数ヶ所)に抜け、繰り返しやすいのも特徴です。単発型から発展することもあるようです。




全身脱毛症・・・数ヶ所の脱毛部位がつながり、頭髪が全部抜けてしまう症状です。 




汎発性脱毛症・・・頭髪が全部抜けて、まゆ毛・まつ毛・わき毛・陰毛・その他全身の毛が抜けてしまいます。脱毛症の中では1番重い症状といわれています。




円形脱毛症になる原因



まずは最も円形脱毛症の引き金になると考えられるストレスです。強いストレスによって体のバランスが崩れます。生命に関わる重要な場所(心臓等)は強いストレスを受けても体全体から見れば影響は少ないです。(例外はありますが)                                                       ストレスを受けた場合まず最初に影響を受けるのは爪や髪の毛等の生命に必要ない場所です。なのでストレスと円形脱毛症は大きく影響すると思います。なぜ円形になるかはまだはっきりと解っていませんがバランスが極端に狂うと起こる症状です。


現代病であるアトピー。子どもの場合で7~8割、大人の場合にも2割程度はアトピー性皮膚炎を合併しています。このアトピーも原因の一つと考えられています。頭皮にアトピーが出来れば毛根にも当然影響があります。部分的に強いアトピーがある場合起こります。アトピーで頭皮が痒いからといって引っかいてしまうケースもあります。特に赤ちゃんや子供は要注意なのでよく見ててあげてください。しかし夜中や随時見ることは難しいので、手袋をはめさせてあげて下さい。


主にはこの上記の二つ(他にも栄養失調、病気等があります)が引き金になって「自律神経障害」、「内分泌異常」、「毛周期障害」、「自己免疫疾患」、「感染アレルギー」等が発生して円形脱毛症が発生します。


そして円形脱毛症のそのほとんどが「自己免疫疾患」だと言われています。自己免疫疾患とは、外部からの侵入物を攻撃することで、私達の身体を守ってい る免疫機構に異常が発生し、自己反応性の細胞や抗体が出現してきます。円形脱毛症は、Tリンパ球が毛根を異物と間違えて、攻撃してしまうことによって起きる病気と言われています。もとろんこの「自己免疫疾患」もストレスやアトピーからくるものです。


結果的にはまずストレスを解消することから始めなければなりません。症状が出始めた3~4ヶ月前に大きな精神的なショックはありませんでしたか?発毛サイクルを考えるとこの3~4ヶ月前のストレスが原因と考えられることも出来ます。もちろん積もりに積もったストレスや知らず知らずのストレスもあるので一概には言えませんが。




 円形脱毛症の治療方法



スポンサーサイト

[2007/02/22 13:39] その他 | TB(0) | CM(1)

キューティクルの必要性 

キューティクルとは?その必要性とは?




髪の毛の表面に付いている言わば髪の毛の皮のような物です。無色透明で硬いたんぱく質からなり、5~10層重からなり合い、髪の内部を保護しているのがキューティクルです。                        


髪のなめらかさなどの感触やツヤを決める役割を持っています。摩擦等に弱く、もろいです。キューティクルは屋根の瓦や魚の鱗のように一定方向に重なり合っているので毛先に向かって指をすらせればスムーズに動くが、根本に向かって動かすとギシギシと抵抗感を感じます。このことから指の滑り方で毛先側か毛根側か判断できます。                    水に濡れると弱くなります。濡れたまま寝ると弱い状態で押し付けられるので、結果キューティクルが痛んでしまいます。


キューティクルを痛める行為は、頭皮にも負担がかかる場合が多いです。なのでキューティクルを痛めないように努力しましょう。




[2007/02/18 19:19] その他 | TB(0) | CM(0)

髪の毛の意味 

髪の毛はなぜ必要なのでしょう?


人の頭に生えている髪の毛はなぜ存在するのでしょうか?何かを主張するかのようですが・・・大きく2つの役割があります。




1つ目は身体を保護します                                                    大切な頭部を、直射日光や、暑さ寒さから守ってくれます。頭部は大変弱いので、外部から何らかの衝撃を受けた時、クッションにもなってくれます。頭部を守るだけではなく、身体に必要のない水銀などの重金属を、身体から排泄する役目もあります。


2つ目は美容上です                                        ヘアスタイルや髪の毛の色が違っただけでも、まったく違った印象を他人に与えることになります。つまり見た目がずいぶん変わると言うことになります。それだけに髪の役割は大きいと言えます。


髪の毛は、頭部を保護したり外見や美容の上で、重要な役割を持っています。育毛は「毛を育てる」ことばかりでなく「頭皮を育てる」ことのほうが大切です。血管を拡張しても、血が粘っていたり新鮮な血が循環しにくい状態では、少ししか効果は得られないからです。体のバランスを整えマッサージや育毛剤等でしっかりケアする必要があります。


[2007/02/14 23:22] その他 | TB(0) | CM(0)

髪の毛の作り 

髪の毛ってどんな作りになってるんでしょうか?




髪の毛は、頭皮の表面から外に出ている部分の髪の毛(毛幹部)と頭皮表面から内側に深く潜っている部分の髪の毛(毛根部)に区別されています。                         


通常、髪の毛と呼ばれている毛幹部は皮膚などと違い、一度傷つくと髪の毛自体に治癒する能力がありません。そのため傷は治りません。髪の毛を染めたり等の脱色をした後、髪の色が元に戻らないのはこのためです。毛根部は育毛のためには深いほどよく、浅いと、太毛で元気な髪の毛に育ちにくい上に、本来ならまだ抜けなくても良い髪の毛が抜けてしまう異常脱毛を起こしやすくなります。                                        真ん中に毛髄質、そしてそれを取り囲むように毛皮質、さらにその周りにはキューティクルがあります。 これはすべて約18種類のアミノ酸をが化学結合をして構成されているのです。


[2007/02/12 22:59] その他 | TB(0) | CM(0)

髪の毛の性質 

髪の毛の質について


髪の毛にも人によってそれぞれ個性があります。では、どのようにして髪の毛に個性を与えているのでしょうか?




髪の癖
髪の形状は、まっすぐな直毛(ストレートヘア)、波打っているような波状毛(ウェーブーヘア)、一番癖毛な縮毛(カーリーヘア)の3種類に分類されます。日本人の多くは直毛です。頭皮の中で毛根が曲がっていたり、髪そのものが円形ではなく楕円形になっていたりすると発生してしまいます。




髪の硬さ
髪の硬さを決めるのは、コルテックスの太さです。コルテックスは、タンパク質の一種であるケラチンタンパク質の集合体で、太いほどケラチンタンパク質が多く、細いほど少ないと考えられています。一般的に太い髪は硬く、細い髪は軟らかいです。




髪の太さ
日本人の髪の太さの平均値は、0.07~0.1mmといわれています。一般的に男性よりも女性、子供よりも大人の方が髪は太目です。太さは年齢により変化してしまうのです。。                   個人差や生活習慣により異なりますが女性では30歳前後、男性では20歳前後に太さがピークになります。それ以降は年齢とともに細くなります高齢になるほど髪にボリュームやハリがなくなっていく原因の一つはこの太さの変化によるものです。 髪の毛が細くなると頭皮が見えやすい状態となるため、たまに薄毛になったと勘違いされる方がいます。

髪の色
黒髪・金髪・銀髪・栗色・赤毛など髪の色は多様です。
私たちの髪の色を決めるのは、毛皮質に多く含まれているメラニン色素です。そして、そのメラニン色素には「ユーメラニン」と「フェオメラニン」の2種類があります。             ユーメラニンは濃い褐色、フェオメラニンは黄色から赤に近い色をしていて、この2つのメラニン色素の量の違いが、黒髪から赤毛、銀髪・金髪など様々な髪の色を造っています。例えば、日本人の黒髪には大量のユーメラニンと少量のフェオメラニンが含まれていますが金髪には、ほとんどフェオメラニンしか含まれていません。メラニン色素を作る時に欠かせないのが、チロシナーゼという酵素です。しかし、この酵素は40才代を過ぎると自然に減少します。
従って、メラニン色素を含まない髪、つまり白髪が生えて来ると言うことになります。


[2007/02/07 12:34] その他 | TB(0) | CM(0)

髪の毛の重要性 

髪の毛は体内の有害な重金属を一緒に排出してくれます


髪の毛は見かけだけではありません。しっかりとした重要な役割を果たしているのです。


髪の毛が生えるにはちゃんとした意味が存在します。あまり知られていないのですが、身体にとって有害となる水銀やカドミウム・ヒ素・鉛・銅・アルミニウムといった重金属類や科学物質を日常の食事から毎日体内に吸収されています。しかしこれらの重金属類は、通常、髪の毛や体毛・汗などを通して身体の外へ排泄されています。(ちなみに銅は微量だけ必要ですが取りすぎると有害です)
なので重金属排出効果のある髪の毛が薄くなったり、無くなったりすると私たちの身体は健康からその人の寿命にまで大きな影響を受けていると言われています。                          水俣病やイタイイタイ病をご存知と思いますが、毛髪からそれぞれ有機水銀とカドミウムが検出されていたことからも、髪の毛が重金属類を体外へ排泄し健康上のバランスを保つ重要な役割を果たしていたことが分かります。なので毛髪を分析することで、その人の日常の食生活の状況はもちろん、有害な重金属類によって身体が汚染されているかいないかなどを知ることができます。 




髪の毛の多さで重金属や化学物質の排出量が違います                髪の毛のよって重金属が排出されると言いましたが、では人はどれくらい髪の毛が一日で伸びるのでしょうか?人の髪の本数を仮に10万本とした場合、1本の髪が1日に伸びる長さを全部1本の髪としてつなげると、0.35㎜伸びる人は0.35㎜×100,000本=35,000㎜=35mとなります。つまり、わずか1日でなんと35mも伸びている事になり、これだけでもかなりの量の重金属類が髪を通して身体の外へ排泄されている事がわかります。
当然、0.6㎜伸びる人であれば0.6㎜×100,000本=60,000㎜となり、1日でなんと60mも伸びていることになるわけですから、いかに排出作業が重要かと言うことがわかったと思います。ちなみに1ヵ月に直すと約1.05Km~約1.8Km、一年間では約12.6Km~約21.6Kmにもなります。




髪の毛は太く伸びが速いほうがたくさん排出されます                 髪を通して体外に排泄される重金属類防腐剤合成着色料といった化学物質の量も薄毛の人より髪が多い人の方が、より多く排泄されていることになります。
また仮に髪1本1本の中に重金属類の量が同じとしたならば、髪の伸びるスピードが遅い人よりも、早い人の方が、また同じ髪でも細い人よりも太い人の方がより多くの重金属類や化学物質を排泄している事になります。
しかも、髪が伸びる早さは、相対的に髪が細い人よりも太い人の方が早く伸びる傾向にあります。




身体としての健康上のバランスを保つ重要な働きを行っているのです。髪の毛が普通にあるかないか?ということは確かにそれ自体で観た目のカッコよい!とかカッコ悪い!ということもありますが、そういうことだけではなく、私たちが一生に一度の人生を毎日楽しく健康で長生きできるかできないか!ということにも実は大きく関わっているのです。


[2007/02/05 12:57] その他 | TB(0) | CM(0)

髪の毛の成長期、退行期、休止期 

毛髪の周期は4~7年です




髪の毛は、一本、一本ヘアサイクル違うため脱毛時期もバラバラです。ですので一度に大量に抜けることはありません。とはいえ、一日に50~80本、多い方で100本近くは抜けますので、この程度なら自然現象といえるでしょう。男性のほうが1~2年ヘアサイクルは早いです。




成長期                                                    まず毛母細胞が分裂を開始し、新しい髪をつくり始めます。新しい髪が成長し、古い髪を押し出そうとします。すると、古い髪は簡単に抜け出るように。シャンプーやブラッシングで抜けるようになります。そして古い髪が抜け落ち、新しい髪が長く、太く成長します。髪は、成長期で、毛母細胞が活発に働き、4~7年にわたって育ちつづけます。成長期が髪の毛が抜け落ちるまでの85~90%を占めます。




退行期                                                 数週間。毛球が縮小して成長が止まり、毛乳頭と毛母細胞が離れ、毛根は頭皮の浅いところに移動します。この間、約2~3週間になります。




休止期
成長が止まった髪は、だんだん上のほうに上がっていき、抜け落ちる準備をします。数カ月間、この状態が続き、毛根の奥では、新しい髪をつくる準備が始まります。その後また成長期になります。



 健康な髪は、毛母細胞が活発に働いて、発毛から4~7年の間、成長を続け、太く長く育ちますが、薄毛が進んでいるとき、成長期は数カ月~1年と短くなり、髪は細いまま抜け落ちていきます。なので、髪の毛が太く長くならないので薄毛と見られる訳です。ですから、髪を太く長く育てるには、毛母細胞の増殖を促進して、成長期を長く持続させることが必要なのです。ストレスや小区生活等の生活習慣でも成長期は変化します。

[2007/02/05 12:35] その他 | TB(0) | CM(0)

髪質で健康を計ろう 

今現在の髪質で健康状態を知ることが出来ます


髪の毛と健康は大変深い関係で結ばれています。また心の健康も知ることが出来ます。つまり髪質を見れば健康か健康でないのかわかると言うことです。


髪の毛が健康だと体も健康                                        人の体は毎日の食生活で得た栄養を、まず生命を維持するのに必要な心臓肝臓腎臓神経等の重要な器官から一番最初に栄養を補給します。しかも多くの栄養を必要とします。これは自分の命を護るために絶対必要な仕組みになっているのです。                 病気をしたりすると、その病気を治すため大量の栄養を使います。また仕事や運動などで身体が疲労していたりすると、その疲れを取り除き癒すなどのために身体はたくさんの栄養を消費してしまいます。                                                  なので髪や皮膚・爪など、生命に直接関係の無い部分に栄養が回ってくるのは体の中で一番最後になるのです。なので栄養がうまく取れてないと当然、髪の毛や皮膚、爪に異変が起こるという訳です。逆に言うと、髪や皮膚、爪など身体の仕組みとしてこういった一番最後に栄養が回ってくる部位が元気であれば、身体が健康であるという事が言える訳です。それが「髪は健康のバロメーター」といわれる所以です。

髪の毛が健康だと心も健康
ストレスはそれ自体が脱毛促進剤です。正常な髪を異常脱毛による抜け毛や細毛・薄毛に追い込んでしまう原因となるのです。また育毛を行った場合、ストレスの影響で発毛や育毛の大きな妨げとなります。                                            人によってはストレスが解消されただけで脱毛予防や育毛効果が得られ、脱毛がほとんどピタリと止まるということもあります!私たち人間のストレスは強力な脱毛原因の一つです。髪の毛が薄いというだけで以前は活発だった行動が消極的になったりします。「髪は心の栄養状態のバロメータ」すなわち髪は精神状態をも写す鏡と言えます。特に円形脱毛症の原因はストレスがかなり影響しているようです。




日頃からバランスの良い食事と、ストレス解消を考えましょう。私の経験では運動をしたり睡眠をしっかりとると良いです。特に日頃から運動をされていない方は運動はおすすめです。試しに一回やってみてください。結構すっきりしますよ!




[2007/02/04 09:22] その他 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。