スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

俗に言う「若ハゲ」の対策や対処法、予防の育毛方法 

俗に言う「若ハゲ」の対処、対策を行う育毛方法


俗に言う「若ハゲ」とは若い年齢からすでに薄毛や抜け毛が多い人のことを言います。早い人だと二十歳過ぎからすでにこの若はげに悩まされる方が多いようです。ここ近年はこの若ハゲに悩まされる人が多くなってきています。食生活の欧米化や乱れた生活習慣が増えてきているからだと言われています。しかし、この若ハゲと呼ばれる現象はそほほとんどが遺伝です。なので自分で気づいたらすぐに対処しなければなりません。


最初にやることは育毛剤を買うことではありません


薄毛や抜け毛に悩むと育毛剤を使用するだけの人がいますが、育毛剤を買って使うだけでは効果を発揮することは出来ません。確かに育毛剤も必要な場合もありますがそれ以前に食生活や生活習慣が大切です。育毛剤はその後になります。遺伝はかなりやっかいな存在なので、育毛剤だけでは効果は期待できません。


すぐに効果を期待してはいけません


髪の毛には周期があるのですぐには効果が現れません。個人差もありますが最低でも半年以上は待たなくてはなりません。しかし改善作業を行っていれば効果は必ず現れます。



基本は食べ物、睡眠時間、運動です


まず最初に行うことは食べ物の見直し、睡眠時間の確保、運動をする。この3つです。


食べ物は脂っこい物は避けて野菜、フルーツ、魚、海藻、大豆類を多く摂取しましょう                     これらは髪の毛を作る成分が非常に多く含まれているからです。でも、野菜、フルーツ、魚、海藻類ばかり食べていてもダメです。お肉多少は必要です。とにかくバランス良くなんでも食べることが必要です。カロリーの取りすぎにも注意しましょう。1日3食しっかりとると良いです。インスタント食品やファーストフード、お菓子、ジュースはなるべく止めましょう。


睡眠時間は6時間で22時~2時の間は寝ていましょう                                      6時間睡眠は一番目覚めがよく疲れが取れる時間です。寝すぎは体がダルクなり頭も冴えません。寝疲れが発生してしまいます。22時~2時は髪の毛が一日で最も再生される時間です。


なるべく運動しましょう                                                      運動は血行が良くなる効果があります。なので頭皮にも良い刺激になりのです。ですが忙しい方は運動もなかなか出来ないので、寝る前に簡単なストレッチでもいいのでやってみましょう。本来であれば30分くらいのジョギングを週3日のペースがベストです。運動といっても急激に激しい運動はやめましょう。趣味でサッカーやテニスの運動があればもっとよいです。運動はストレス発散にもなるので運動は是非行ってみましょう。



育毛とはまず体の健康が前提になってきます。体はまず心臓のような重要な場所に大半の栄養を使います。最後の余った栄養で爪や髪の毛を作るからです。なのでまずは髪の毛にもしっかり栄養が行く環境を作りましょう。体も健康になりますよ。


以上のことを行ったうえで育毛剤や育毛シャンプーを使いましょう。忙しくて食事が難しい人はサプリメントを摂取するのも一つの方法です。シャンプーやリンス、育毛剤の使い方にも正しい方法があります。今の方法を1度見直してみましょう。


他にも左側のメニューからいろいろな方法を紹介しているので参考にしてみてください。


関連商品


育毛剤   育毛シャンプー   サプリメント

スポンサーサイト

[2006/10/28 20:18] 薄毛の予防法 | TB(0) | CM(0)

秋は抜け毛が増え、薄毛にもなりやすいです 

秋は薄毛、抜け毛が増えやすいです




秋に抜け毛が増える原因はにあります。汗をかいたりレジャーで紫外線を浴びたり、頭皮を日焼けしたり等、いろいろ原因が存在します。それが秋になってから抜け毛や薄毛につながるのです。




夏、こんな方は要注意です


・レジャー等で頭皮を日焼けしてしまった方

・汗かきで脂質の多い方


・夏休み等で生活が不規則な方(食生活や睡眠時間)


・紫外線に弱い方




以上の人は少し注意が必要になります。対策は以下のように行えばずいぶん違ってきます




夏のケア方法


・長時間外出する場合は通気性の良い帽子を被りましょう。                                                                              (通気性が良い物とはメッシュタイプ等がオススメです。後日陰に入ったら帽子は取りましょう。ずっと被っていると血行が悪くなってしまいます)



・汗をかいたらすぐに汗を清潔なタオルで拭き取り、なるべく早くシャンプーをしましょう。                                    (シャンプーを洗い流す時だけは時間をかけてください。シャンプーが残ると逆効果です、脂体質の人は二度洗いしましょう)                                                


・食事はなるべく脂っこい物は控えて野菜や魚、フルーツ中心の食事にしましょう。                                            (とにかくバランス良く何でも食べることが大切です、野菜、魚、フルーツと言いましたがお肉も必要な量は食べてください、目安は1週間に2回くらいのお肉料理があれば言いと思います)


・なるべく夜の22時~2時までは寝るようにしましょう。                                                            (この時間帯が一番、身体や髪の毛が回復します) 




抜ける量は生活環境や個人差があります。必ず秋に抜け毛が増えるとは限りません。しかし、抜け毛が増える条件が揃うと抜け毛が増えやすい状態になってしまいます。
毎年こういった状態が続く抜け毛や薄毛が進行します。夏は1年でもっとも髪の毛にダメージを蓄積させる時期ですのでしっかりしたケアが必要です。




育毛シャンプーや育毛剤は抜け毛や薄毛の方が使用する物と思われがちですが、予防策としても効果的です。なので今年の夏は無茶したなと思ったら使ってみてはどうでしょう?後、忙しくて食生活が難しいかたはサプリメントを摂取するのも一つの方法です。


関連商品

育毛剤   育毛シャンプー   サプリメント





[2006/10/21 20:11] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)

リンスインシャンプーは抜け毛薄げにつながります 

リンスインシャンプーは薄げや抜け毛の原因になります


まず知ってもらいたいのがリンスとシャンプーではまったく使う目的が違うと言うことです。リンスは髪の毛の保護に、シャンプーは主に頭皮の汚れを落とすためです。


なのでこの両者が合わさることはまずありえません。使用している人はすぐにやめましょう。リンスインシャンプーで頭皮を洗ってしまっては逆に毛穴をふさぐ結果となってしまいます。リンスで頭皮を洗っている状態に近いからです。シャンプーとリンスは別々でしっかり使用しましょう。薄毛や抜け毛を気にしている人は特に要注意です。


先ほど記載しましたがリンスで頭皮を洗ってはいけません。ですからリンスを使用する場合はなるべく頭皮につかない様に使用しましょう。逆にシャンプーは頭皮を中心に洗っていきましょう。髪の毛にシャンプーをつける前に髪の毛を濡らしますが、その濡らす時にしっかり髪の毛を洗ってください。シャンプーの泡立ちが違ってきます。髪の毛にもいいですし、シャンプーも少量で済むのでおすすめです。


シャンプー、リンスをした後はしっかし洗い流しましょう。シャンプーやリンスが頭皮に残るとフケや痒み、抜け毛、薄毛につながってしまいます。この最後に洗い流しが一番重要です。


薄毛や抜け毛が気になる人は育毛シャンプーを使ってみるのもいいと思います。


関連商品


安全な育毛シャンプー




[2006/10/17 23:43] 薄毛の原因 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。