スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

緑茶効果で薄毛予防できます 

緑茶で薄毛や抜け毛の予防が可能です

私たち日本人には馴染みの深い緑茶だが、緑茶には多くの育毛、脱毛防止効果があります。手軽に誰でも出来るので是非、自分の生活習慣に取り入れたいですね。一人暮らしの方はあまり飲まれないようなのでまずは飲む癖をつけていきましょう。

緑茶のⅠ型5αリダクターゼ阻害効果
緑茶にはいくつかの研究において皮膚内でテストステロンを薄毛の原因になるDHT(活性型男性ホルモン)に変換する Ⅰ型5αリダクターゼの強力な抑制剤であることが示されています。つまり緑茶を飲むだけで薄毛や抜け毛の予防なるわけです。なので緑茶と併用して育毛を行えばより効果が高まります。


緑茶で髪の毛を洗う方法もあります                                               このような緑茶の効果を生かすために緑茶洗い(洗髪)と言う方法がある。
これは入浴後に濃い目に煮出した緑茶で最後に髪を洗う事でⅠ型5αリダクターゼ対策として有名な方法があります。

ある研究者がカフェインは脱毛の原因となる 物質であるテストステロンに敏感な毛根を持つ男性に最も効果を発揮する為、脱毛症の心配のある若者はカフェインで頭皮をトリートメントをすることがすすめられるとしています。ここでカフェインとありましたがコーヒーより緑茶のが効果は高いです。
 
緑茶を飲むことに加え緑茶で頭を洗えば内側と外側の両方からの効果が得られます。もちろん緑茶には汚れを落とす効果が薄いためシャンプーを使ったてシャンプー剤をしっかり落としてから緑茶トリートメントを行いましょう。


緑茶の利尿作用
薄毛の原因になるDHT(活性型男性ホルモン)は尿から排出されます。
緑茶に含まれるカフェインは利尿作用があるので、血中の過剰なDHTを排出する作用があると思われる。


汗を出すと言いましたが運動もオススメです。しかし水分補給を忘れないでください。                汗をかいた後はお風呂でしっかり汚れを落としてください。汗で毛根が塞がってしまっては逆効果です。

緑茶のリラックス効果
ストレスが溜まると薄毛の原因になるDHTの血中濃度が高まります。
緑茶に多く含まれるアミノ酸の一種であるL―テアニンには抗ストレス作用がありストレスを軽減させてくれます。なので緑茶と併用して音楽を聴いたり楽しいおしゃべりをしたりするとさらに効果が上がります。

スポンサーサイト

[2006/07/15 08:44] 薄毛の予防法 | TB(0) | CM(4)

シャンプーを節約する方法!しかも抜け毛予防にもなります 

シャンプーを節約する方法


シャンプーをあまり使わずに頭皮が綺麗になれば頭皮にもよいです。多くのシャンプーには毛根や頭皮に少なからずダメージを与えてしまう成分が入っているからです。方法はいたって簡単で誰でも出来ます。


その方法とは、シャンプーを使う前に髪の毛を濡らしますよね?その行為が大切なのです。普通の人なら全体的に濡れればOKと思っている人が多いようですが、水で髪の毛や頭皮を洗えばなんと70%もの汚れが落ちます。後の30%はシャンプーで落とすことになります。


なのでシャンプーを使う前に、しっかり髪の毛と頭皮を洗ってあげましょう。


詳しい洗い方を紹介しておきます


1.髪の毛を濡らします


2.頭皮を指の腹を使って洗います(力は入れてはいけません


3.耳の裏等満遍なく洗ってください(結構汚れがが為ってます)


4.とにかく時間をかけてください(だいたい2~3分)


5.髪の毛をさっとなでる感じで洗ってください(髪の毛はだいたいでいいです)


6.シャンプーを使います



だいたいこんな感じになります


これで驚くほど泡立ちがよくなります


なのでシャンプーを使った時、水洗いでいかに汚れが落ちているか実感できます


泡立ちがよくなる=シャンプーの量を減らせる


と言ったことのつながるのです


これはかなりオススメなので是非試してみてください



後シャンプーを使った後は必ずすすぎ洗いはしっかりやって下さい。リンスも同様です。         せっかく綺麗になった頭皮もシャンプーやリンスが残ってしまっては、フケや痒みや抜け毛につながってしまいます。


[2006/07/01 17:07] 薄毛の予防法 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。