スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コーヒー薄毛、抜け毛の敵?味方? 

コーヒーは薄毛、抜け毛の敵?味方?

コーヒーと抜け毛、薄毛。これは色々な噂を聞きますね。
ここでは1つ1つ調べて行きましょう。

【コーヒーが良いとされている理由】
血行促進を助ける「クロロゲン酸」という「ポリフェノール」が含まれています。その為、栄養を頭皮まで運びやすくなります。
AGA(男性型脱毛症)を抑制する効果があると言われています。これはコーヒーに含まれるカフェインの利尿作用でAGAの原因と言われているDHT(ジヒドロテストステロン)を、汗や尿を介して体外へ排出します。
他にもリラックス効果などがあります。

【コーヒーが悪いとされている理由】
カフェインは脳を覚醒させます。その為、睡眠を妨害します。
カフェインの影響で体が冷えます。結果血行不良につながります。
育毛で重要な栄養素である亜鉛の吸収率を下げます。これは苦み成分である「タンニン」が影響しています。
他にもカフェイン中毒のリスクがあります。

以上が良い面、悪い面です。
このコーヒーとうまく付き合うには、コーヒーの飲む量と時間をコントロールしてしまえば良いのです。
コーヒーを飲む時間は朝10時と15時。(1日2回)
カップ3分2程度。
これぐらいが良いです。
カフェインは5〜6時間体に残りますから、夜のコーヒーはオススメしませんし、体が冷えた状態での睡眠も避けた方が良いからです。

以上の制約を守れば、コーヒーは飲んでも問題ないと思います。


スポンサーサイト

[2013/09/22 17:24] 飲み物 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。