スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヘルメットを被ると、薄毛、抜け毛になる? 

ヘルメットを被ると、薄毛、抜け毛になります

工場や現場での仕事から、バイクを乗る時などヘルメットを被る機会は多いと思います。しかし、ヘルメットには様々な薄毛になる要素が含まれています。

摩擦による薄毛
同じ場所を繰り返し擦る事で薄毛になります。これは主に頭の頂辺のつむじが薄くなる傾向にあります。
これはヘルメットが自分の頭に合っていないからです。適切なヘルメットを選択しましょう。
適切なヘルメットとは頭の両サイドでしっかり頭を固定できる物です。そうすれば、頭の頂辺の負担が減ります。頭の頂辺で支えなければならないヘルメットは危険です。薄手のタオル等をヘルメットに入れるのも効果的です。ただし、夏場は頻繁に交換して下さい。長時間使用すると蒸れて薄毛になる可能性があります。

血行不良による薄毛
同じ格好でヘルメットを被り続ける事で血行不良となります。休憩中に頭皮を軽くマッサージしてあげましょう。また、お風呂に入る時は入念にマッサージをして下さい。

汗や蒸れによる薄毛
長時間ヘルメットを着用すると、汗や蒸れで雑菌が発生して薄毛になります。
「ヘルメットを取って頭皮を触ったらベッタリと汗が・・・」「髪の毛が蒸れで張りが無い・・・」との経験はあると思います。これは頭皮に悪影響となります。休憩中は風当たりの良い場所で頭皮を乾かしたり、換気機能の付いたヘルメットを使用しましょう。またお風呂での髪の毛をケアする事が重要となります。
しかし、その前にヘルメットのインナーキャップ使用をオススメします。インナーキャップは換気性能にすぐれ、髪の毛が蒸れません。上記に書きました、擦れや血行不良も同時に解消します。柔らかい素材なので接触部が拡大して、擦れる面積を分散、締め付け緩和で血行不良も防止するのです。
他にも出来れば1ヶ月に1回、ヘルメットを洗いましょう。ヘルメットは雑菌で溢れています。洗剤で丸洗いすればオKです。しっかり太陽にさらして乾かしましょう。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。