スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

薄毛と男性ホルモンの関係性 

薄毛と男性ホルモンの関係性

もともと体内にはテストステロンという男性ホルモンがあります。これは以下の様な優秀な効果があります。

・性欲の増加
・生殖器の増大
・髪の成長促進
・精子形成の増加
・骨格、筋肉の成長
・やる気、行動力の増進

しかし、このテストステロンが体内に不足すると、5α-リダクターゼよ言う酵素がその不足を補うため、テストステロンをさらに強力な男性ホルモンに変換します。

それの変化した強化男性ホルモンの名前は「ジヒドロテストステロン」と呼ばれ、強力な抜け毛作用を持っています。
ジヒドロテストステロンの持つ作用は以下のものがあります。

・性欲減退
・前立腺肥大
・体毛の増加
・脱毛(毛母細胞活動の低下、血流悪化、毛穴を塞ぐ)

このように男性ホルモンが強化されると抜け毛、薄毛の原因になります。これは体内でホルモンバランス、生命維持作用の一つで、抜け毛はその代償であると私は考えます。

最悪な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを作らない対策は二つあると言われています。
一つはテストステロンを不足させないこと』、もう一つは『5α-リダクターゼの働きを抑えること』が有効です。

テストステロン不足解消にはは亜鉛の摂取が有効です。
亜鉛を多く含む食べ物は牡蠣、赤身の肉、うなぎなどがありますが、摂取しすぎると中毒症状を起こします。
1日の摂取上限は50mgです。またサプリメントの多量摂取も注意しましょう。特別に多く摂取するのではなくバランスの取れた食事が重要です。亜鉛だけ食べても効率よく吸収しません。バランスよく食事することで初めて亜鉛を効率よく吸収出来るのです。

5α-リダクターゼの働きを抑えるためには「フィナステリド」に代表されるジヒドロテストステロン抑制剤を使用するか、ノコギリヤシ(ソーパルメット)と呼ばれるサプリメントの摂取です。
ジヒドロテストステロン抑制剤を使用する場合に注意して頂きたいのは、一回あたりの使用用量です。予期せぬ副作用を発生させないためにも、必ず使用用量をお守りしてください。

何度も言っていますが、バランスの良い食事をされている人はサプリメントは不要です!
サプリメントを利用する場合でも成分をよく確認して、過剰摂取には気をつけて下さい。育毛はサプリメントだけでは成功しません。総合的(シャンプー、マッサージ、食べ物、睡眠、ストレス緩和など)に行うのが育毛です。
スポンサーサイト

[2013/07/07 11:01] 髪の毛の基本知識 | TB(0) | CM(0)

髪の毛のを作る栄養はこれ! 

3つの栄養が髪の毛を作っている

髪の毛を作るのに必要な栄養素は3つあります。
タンパク質亜鉛ビタミンです。

タンパク質は髪の毛の基になります。
亜鉛はタンパク質を髪の毛に変化させます。
ビタミンはタンパク質を髪の毛に届けます。
レストランで例えるなら、タンパク質は材料、亜鉛はコック、ビタミンはサービスマンといったところでしょう。
つまりこの3つがバランスよく機能してよううやく髪の毛が作られるのです。一つでも欠ければ薄毛、抜け毛の原因になります。

これらは全て食事から摂取するものです。日頃からバランスの良い食事を心がけましょう。
これは基本になる事ですので、育毛剤を使う前に実践して下さい。バランスの良い食事を取らずに育毛剤を使っても効果は薄いです。
[2013/06/17 12:45] 髪の毛の基本知識 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。